小話CLIP

ドラマ・映画の情報を中心に、気になる芸能ネタを発信しています!

2020年冬ドラマ 無料動画

『知らなくていいコト』10話(最終回)のネタバレ感想。ケイトと尾高は結ばれる?

2020/03/12


『知らなくていいコト』イメージ図

 

吉高由里子さん主演ドラマ『知らなくていいコト』

 

10話(最終回)では、ケイトが30年前の事件の真相を探るべく、

乃十阿の息子のもとを尋ねます。

ケイトの異母兄弟でもある乃十阿の息子は、

3歳だった事件当時のことを覚えているのでしょうか?

また、ケイトと尾高の関係は、

このまま終わってしまうのでしょうか?

ドラマ『知らなくていいコト』10話(最終回)

あらすじキャスト

視聴された方の感想

見逃し動画を無料で配信されているサイト

などについてまとめました。

スポンサードリンク

ドラマ『知らなくていいコト』10話(最終回)のキャスト

真壁ケイト 役… 吉高由里子
《東源出版『週刊イースト』特集班の敏腕記者。》

尾高由一郎 役… 柄本 佑
《フリーランスの動物カメラマン。ェイトも元彼で、現在は妻子がいる。》

野中春樹 役… 重岡大毅(ジャニーズWEST)
《東源出版『週刊イースト』連載班。ケイトの彼氏で、そろそろ結婚しようか悩んでいる。》

小野寺明人 役… 今井隆文
《東源出版『週刊イースト』特集班。》

倉橋朋美 役… 小林きな子
《東源出版『週刊イースト』特集班デスク。》

小泉愛花 役… 関水 渚
《東源出版『週刊イースト』連載班。》

鮫島裕二 役… 和田聰宏
《東源出版『週刊イースト』特集班デスク。》

佐藤幸彦 役… 森田甘路
《東源出版『週刊イースト』特集班。》

東山秀則 役… 本多 力
《東源出版『週刊イースト』連載班デスク。》

黒川正彦 役… 山内圭哉
《東源出版『週刊イースト』特集班デスク。》

真壁杏南 役… 秋吉久美子
《ケイトの母。映画評論家かつ、字幕翻訳の第一人者。シングルマザーとしてケイトを育てたが急死。》

岩谷 進 役… 佐々木蔵之介
《東源出版『週刊イースト』編集長。部下から厚い信頼を得ている。》

乃十阿徹 役… 小林 薫
《自転車屋を営む謎の男。》

 

ドラマ『知らなくていいコト』10話(最終回)のあらすじ

「知らなくていいコト10話 あらすじ」

乃十阿(小林薫さん)が息子を庇っていた話を聞いたケイト(吉高由里子さん)。

息子のいるドイツに話を聞きに行きます。

尾高(柄本佑さん)は、当時息子は3歳だったため、真相を聞いても無駄だと止めます。

息子の戸倉の演奏を聴いた後、話しかけるケイトでしたが、ドイツ人の奥さんや子供の顔を見たら、何も言えずに帰ってくるのでした。

ドイツから戻ったケイトに、岩谷(佐々木蔵之介さん)が、事件の真相について手記を書くようにと言ってきます。

ですが、乃十阿の息子のことを考えてしまい書く気になれません。

すると岩谷はそれなら自分が書くと言い、編集部のメンバーを選抜し、裏取りのために動き出します。

メンバーたちがそれぞれに裏取りをし、情報が出揃ったところでケイトが呼ばれます。

乃十阿の元妻は、離婚後に元外交官と再婚し、今は入所するのに一人1億円とも言われる老人ホームで不自由なく暮らしていました。

さらに、事件当時隣に住んでいた柴田という人から、事件の日の写真を入手。

乃十阿の家族はその隣人家族とともにキャンプ場に行ったのでした。

写真を見たケイトは、そこに乃十阿の息子が吸水タンクに手を近づけている姿が写っていることに驚きます。

そして最後に、元妻は乃十阿の不倫や子供がいることも知っていて、かなりショックを受けていたことを聞かされます。

友だちに相談したり、子供に当たったりもしていたと言い、キャンプには元妻が乃十阿との関係を修復するために計画したものだったことも分かります。

自分と杏南(秋吉久美子さん)が、事件のきっかけになっていたことに、ショックを受けるケイト。

岩谷から記事を書くように言われたケイトでしたが、まだ迷っている中、被害者の家族に会いに行きます。

名刺を渡して名乗ると、すぐに乃十阿の娘だと気づかれてしまい、自分の妻がどうして死んだのか説明するようにと逆に罵られてしまうのでした。

その後、尾高の作業場を訪れたケイトは、尾高からも記事を書くようにすすめられます。

事件の真相から逃げないのがケイトだと言い、そんなケイトの姿が好きなのだと言う尾高。

乃十阿もいずれ、娘が無実を証明してくれたことを嬉しく思う火が来るはずだと言います。

そして、ケイトを抱きしめて「結婚しよう」と言う尾高。

戸惑うケイトに、離婚は承知して貰い、既に離婚届にお互いサインもしたことを打ち明けます。

ですがケイトは、子供をを手放さないで欲しいと言い、離婚を考え直すよう言い出します。

親としての思いを捨ててしまう尾高は好きじゃないと言い、別れてしまうのでした。

編集部に行ったケイトは、泣きながらも記事を書きます。

家に戻った尾高は、子供が置き去りにされて泣き叫んでいることに驚きます。

妻は子どもを置いて出て行ってしまったのでした。

翌朝、ケイトの記事を見て「絶好調だな」と褒める岩谷。

その後、野中(重岡大毅さん)が青い顔をしながら編集部に来て、岩谷に退職届を出します。

そして、深層スクープに記事を売ったのは自分だと告白し、投げやりな様子でケイトに謝罪します。

そんな野中に、乃十阿が無実であったことを話す岩谷。

驚く野中でしたが、小説家になると言い残し、去って行くのでした。

副編集長から呼び出された岩谷は、社長がケイトの書いた記事を見てしまい腹を立てていることを伝えてきます。

3年前の乃十阿の写真のことで叩かれた過去があるため、被害者遺族の感情を逆なでするのではないかと考えたのでした。

反論するものの、記事は差し替えることになってしまいます。

その後、ケイトは記事を持って乃十阿を尋ねます。

記事を読んだ乃十阿でしたが、何も口にすることはなく、そのまま返すのでした。

2023年、野中は「闇落ちする亀」という小説を書き、芥川賞をとっていました。

マスコミにも取り上げられ、ドラマ化される話も出るほどに。

一方、岩谷は局長になり、編集長の後任は黒川(山内圭哉さん)、そしてデスクの後任にはケイトがなっていたのでした。

ケイトが取材に出かけると、街中で息子の手を引いて歩く尾高を見かけました。

息子に優しく微笑みかける尾高を見たケイトは、取材先へと歩き始めました-。

 

←9話のあらすじや感想

ドラマ『知らなくていいコト』10話(最終回)の感想

30代 女性 の感想

まずは何と言っても乃十阿の無実が証明されて良かったです。ケイトは週刊イーストの仲間たちに恵まれましたね。それから案の定、野中は週刊イーストに居られなくなって遂に退職しましたね。辞める前後のキャラ崩壊も、作家に転身した後も何とも不気味でした。そしてケイトは尾高と別の道を選びましたが、相手の子供のためにも賢明な選択だったと思います。

50代 女性 の感想

尾高さん決意して離婚届にサイン貰ってケイトにプロポーズしたけど、ケイトは子どもの事をおもって別れたんだと思った。尾高さんとケイトがお互い愛し合っていることが伝わってきて切なかった。尾高さんの奥さんが子どもを置き去りにして家を出て行ってたけど、酷すぎる母親だとおもった。

30代 男性 の感想

尾高の結婚しようというプロポーズを振った、ケイトは意外でしたが最終的にはよかったのかとも思いました。本当にケイトは強い女性だと思いました。そして乃十阿徹の記事は世に出なくて正解だった共います。最後に野中がなぜ小説で売れたのか世の中不思議なものだと思いました。

30代 女性 の感想

ケイトが乃十阿の元に、ボツになった記事を持っていたシーンが印象的でした。お手漉きの時に読んで欲しいと渡された記事をその場で読んだ乃十阿の姿に、静かな優しさを感じて、胸が熱くなるようでした。また、記事を受け取らなかったのも、優しさに感じました。

30代 女性 の感想

ケイトはドイツにいる乃十阿の息子を見て、彼がどんな父親だったのか想像したと思います。息子を庇った乃十阿の気持ちは、ケイトならば理解できたはずです。事件の真相が世間に知られることはありませんでしたが、乃十阿の気持ちを思うとこれで良かったのかもしれません。

20代 女性 の感想

尾高さんは、いつもケイトちゃんの事を1番に分かってくれていて、心配して守ってくれて本当にカッコいいと思いました。本当はいい事じゃ無いけど、なんとか2人が上手くいけば良いなと思ってしましました。野中くんにも何とか立ち直って欲しいと思いました。

30代 男性 の感想

乃十阿徹の担当弁護士の予想していた通りに、乃十阿の息子が飲み物の中に毒の含まれる草を入れていた事にビックリしましたが、ケイトの母親の杏南と乃十阿の不倫に悩んでいた妻が、乃十阿との関係修復のためにキャンプに行ったというのが怪しく、もしかしたら息子に毒草を入れさせて、優しい乃十阿なら息子の罪を被ると画策したのではと考えると、人の恨みは恐ろしいとゾッとしました。

30代 女性 の感想

柄本佑さん演じるカメラマンの尾高の親としての気持ちを大事にしてほしいと言っていた吉高由里子さん演じる主人公の真壁ケイトの姿が印象的でした。本当に尾高さんのことを信頼して愛しているのだなと思えました。仕事面でもケイトは信念をもとに記事を書いている様子はカッコいいです。

20代 女性 の感想

尾高の妻はどんな気持ちで子供を置いて出ていったのだろうと思いました。いくら辛くとも子供を捨てる事をする女と尾高は離れて正解だと思ってしまいました。子供を抱きかかえ、子供を守ると決めた尾高がカッコ良かったです。どこまでも最低な野中は誰にも相手にされず会社を去っていき、ケイトがどれだけ会社で必要とされ輝いて生きていたか証明された気がして辛かったケイトを支えているのは会社だと感じました。ケイトと尾高はくっつくことなく人生を歩むんでいるのを見て、タイミングが合わないというのは運命の相手ではないと知らされているような気がしました。お互い想い合いながらも1番として過ごさないからこそ、良さを持ち惹かれ合う存在なのだと思いました。父親に愛されていないと思っていたケイトが、娘だと認めないのは殺人犯の娘だと世に知らせないためという記事に感動し、タイトルにぴったりなドラマだと感じました。

30代 男性 の感想

ケイトは乃十阿の記事を担当するか悩んでいましたが、尾高が背中を押したからこそ執筆出来たのでしょう。尾高とケイトは結ばれませんでしたが、お互いの事を知っているからの選択だと考えます。その後の2人について描いた続編がある事に期待です。

 

『知らなくていいコト』10話(最終回)の見逃し動画を視聴するには?

『知らなくていいコト』10話(最終回)見逃し動画は、

Huluで配信されています。

放送終了後、1週間以内なら、無料で視聴することができます。

会員登録は不要で、ページに飛ぶだけで動画を視聴することができます。

 

Huluのドラマ『知らなくていいコト』のページはこちらです。

 

また、それ以降は、月額933円(税抜き)で、視聴が可能です。

しかも、今なら、トライアルキャンペーン中で、

2週間月額料金が無料で、動画視聴することができます。

 

↓Huluでドラマ『知らなくていいコト』の見逃し動画の無料視聴はこちらからどうぞ。↓

hulu

 

まとめ

吉高由里子さん主演ドラマ『知らなくていいコト』10話(最終回)

あらすじキャスト

視聴された方の感想

見逃し動画を無料で配信されているサイト

などについてまとめました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。


-2020年冬ドラマ, 無料動画

error: Content is protected !!