2019年夏ドラマ

ドラマ『ルパンの娘』2話のゲストやあらすじは?三雲家訪問で秘密がバレる?

2019/07/20


ドラマ『ルパンの娘』イメージ図

深田恭子さんが主演を演じられるドラマ『ルパンの娘

父親役に渡部篤郎さん、母親役に小沢真珠さん、などなど個性派俳優さんがたくさん出演され、

また、深田恭子さんのアクションシーンも見どころの一つです。

悪者からお宝を盗み、悪事まで暴いてしまう、

まさにルパン。そしてスカっとする結末。

ちなみに、祖父役の麿赤兒さんの本当の息子さんは、

俳優の大森南朋さんなんです!

最近知って、ビックリしました。

そんなドラマ『ルパンの娘』2話あらすじキャストゲスト

視聴された方の感想などについてまとめました。

スポンサードリンク

ドラマ『ルパンの娘』2話のキャスト

  • 三雲 華 … 深田 恭子
  • 桜庭 和馬 … 瀬戸 康史
  • 三雲 悦子 … 小沢 真珠
  • 三雲 渉 … 栗原 類
  • 三雲 マツ … どんぐり
  • 桜庭 和一 … 藤岡 弘、
  • 巻 栄一 … 加藤 諒
  • 円城寺 輝 … 大貫 勇輔
  • 桜庭 典和 … 信太 昌之
  • 桜庭 美佐子 … マルシア
  • 三雲 巌 … 麿 赤兒
  • 三雲 尊 … 渡部 篤郎

ドラマ『ルパンの娘』2話のゲスト

介護会社社長 役… 西沢仁太

 

この投稿をInstagramで見る

 

大先輩の西沢仁太さんと。。 #タロット探偵ボブ西田 #西沢仁太 #邦画 #映画 #日活撮影所 #movie #japan

高山猛久 takehisa takayamaさん(@takehisa_takayama)がシェアした投稿 -

役どころ

介護施設社長。

自らが経営する介護施設から個人情報を盗み出し、アポ電話強盗を行っている。

プロフィール

  • 読み:にしざわ けいた
  • 生年月日:1959年5月23日
  • 出身地:長野県
  • 身長:180cm
  • 体重:66kg
  • 血液型:A型
  • 特技:タップダンス
  • 所属事務所:ケイダッシュ
  • 公式SNS:公式ブログ

 

主な出演作

  • 大河ドラマ『西郷どん』鍵屋直助役
  • ドラマ『半沢直樹』加納正明役
  • ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』雀野義人 役
  • 映画『アウトレイジ ビヨンド』国土交通省役人役
  • 映画『たまえのスーパーはらわた』浦野健二役
  • 映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』滝沢役

 

 

詐欺の受け子…富田健太郎

 

この投稿をInstagramで見る

 

富田健太郎さん(@kentaro_tomita_)がシェアした投稿 -

役どころ

アポ電強盗の受け子役。

プロフィール

  • 読み:とみた けんたろう
  • 生年月日:1995年8月2日
  • 出身地:東京都
  • 身長:174cm
  • 体重:非公開
  • 血液型:B型
  • 趣味・特技:サッカー・野球
  • 所属事務所:アミューズ
  • 公式SNS:ツイッターインスタグラム

 

主な出演作

  • 映画『サバイバルファミリー』吉田役
  • ドラマ『僕の初恋を君に捧ぐ』生田成美役
  • ドラマ『都立水商!~令和~』三上武人役
  • 舞台『十五少年漂流記』ドニファン役

 

ドラマ『ルパンの娘』2話のあらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】木10ドラマ『ルパンの娘』さん(@lupin_no_musume)がシェアした投稿 -

 

 

 

『ハイパーソーシャルクリエイターなんだね。華のお父さん』

ある日、突然三雲家を訪れた和馬(瀬戸康史さん)と、その父・典和 (信太昌之さん)と母・美佐子 (マルシアさん)、犬のドン。

もちろん、美佐子達が招待されたのは、本当の三雲家であるマンションではなく、ダミーである一軒家。

都合よく、華の父・尊(渡部篤郎さん)や、母・悦子(小沢真珠さん)らは居ませんでした。

ホッとした華でしたが、それもつかの間。

なんと尊たちが、秘密の通路を通ってダミー家にやって来てしまいます。

『これはこれは…ご家族お揃いで』

桜庭家を鷹揚に迎える三雲家の面々。

異様な空気で始まった両家の初対面に、華(深田恭子さん)は気を揉みっぱなしです。

(何なの、この時間。早く過ぎ去って…!)

公務員(警察)とハイパーソーシャルクリエイター(泥棒)。

両者が打ち解けるはずもなく、案の定、すぐに空気は険悪に。

しかし、尊(と典和は、かつて学生時代に野球で対戦していた事が判明し、お互いに意気投合します。

ところが後日、華は図書館を訪れた美佐子から、

和馬と別れるよう言われてしまいます。

円城寺(大貫勇輔さん)に、別れられないなら和馬に嫌われてみてはどうかと提案された華。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@ahhotan9436がシェアした投稿 -

最近アポ電強盗の被害が相次ぎ、忙しい和馬の仕事中にわざと電話をかけてみるものの、どうしても我儘が言えません。

『私と仕事、どっちが大事…なんて選ばなくていいから』

心配した和馬は、華が淋しくないようにと、動画を送ります。

『どうしてもこの手で犯人を捕まえなきゃならないんだ。お年寄りを食い物にする奴を、俺は絶対に許さない』

今回の三雲家の狙いは、秀吉の金の茶釜。

30億で落札したというその持ち主は、老人向けの介護事業を手広く扱う会社の社長・猪熊(西沢仁太さん)

しかし、実は猪熊は、自社の顧客である老人たちをターゲットにした、アポ電強盗の元締めだったのです。

『天罰を下してやらないとね』

華はその事を和馬に教えるか、もう一人の自分と葛藤しながらも、和馬を強引に呼び出します。

『私と仕事、どっちが大事なの?』

そして三雲家では、マツ(どんぐりさん)がアポ電の囮になる作戦を敢行。

『これから弁護士を名乗る男がやって来る。そいつを仕留めて、金の受け渡し場所を調べるんだ』

しかし、インターホンが鳴ると、そこには華に呼び出されて訪れた和馬が。

勘違いしたマツの手刀を浴び、和馬は昏倒。

和馬の手を取り、華は決意します。

『必ずこの手で、捕まえさせる』

その後にやって来た本物の受け子を仕留め、”Lの一族”の衣装に身を包んだ華たちは出陣。

猪熊の社長室へ侵入した華たちは、顧客の回収金リストと茶釜を、見事盗み出すことに成功します。

『どうだい。大切なものを盗まれた気分は。弱者を食い物にしやがって。あんたに泣かされてきた人たちの怨み、きっちり晴らさせてもらうよ』

『ここで会ったが運の尽き。アンタが犯した罪、悔い改めな』

華の堂々たる雄姿に、両親も賛辞を送ります。

『早くも泥棒が板についてきたな』

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sawada TOHLUさん(@toh_lu)がシェアした投稿 -

三雲家で仕留めた受け子に盗んだデータを忍ばせ、和馬の手柄に仕立て、事件は無事解決。

ところが…

『華の彼氏、警察官やったんやな』

何と、マツにバレてしまったのでした。

1話のあらすじやゲスト情報はこちら

3話のあらすじやゲスト情報はこちら

『ルパンの娘』の見逃し動画を無料視聴!安全にイッキ見できる方法は?

 

ドラマ『ルパンの娘』2話の感想

50代 女性 の感想

華の兄が開発したてんとう虫3号、またはてんとう虫3号、改が可愛いです。見た目は小さく可愛いですが、仕事はきっちりやってくれる優れモノだと思いました。毎回、このてんとう虫3号の活躍が大きいようで、これからも頑張ってほしいです。今回の犯人はアポ電詐欺という、現実にも起こっている事件を題材にしていて、それがとてもリアルな事件のように思いました。

20代 女性 の感想

華と和馬は別れてしまうのかと思ったけれど、華が詐欺師を捕まえたことを和馬の手柄にしたことでなんとかつなぎとめることができて嬉しかったです。USBにコピーしていたデータはなんのために使うのかと不思議だったけど、和馬のためだったなんて華は本当に和馬のことが好きなんだなと感じました。和馬が警察だということがおばあちゃんにバレてしまったので、これからどうなるのかが気になります。

40代 男性 の感想

第2話では、情報収集機器の「てんとう虫3号改」が活躍しました。コミカルな動きをしていたので面白かったです。茶釜を奪う瞬間は、尊の精密な感覚があったために成功したのだと思いました。華は、和馬に三雲家の本当の姿をこのまま黙っているのか気になります。今回は、アポ電強盗をテーマにしていたのでドラマを通して勉強になりました。

40代 男性 の感想

今回も、「ルパン三世」を彷彿とさせる感じが満載で、本当に面白かったと思います。最近は社会問題を扱ったりと、暗い内容の作品が多いですが、やはりエンターテインメントは、こうでないとという感じがします。なんといっても大泥棒感溢れる感じの、渡部篤郎さんをはじめとする、三雲家のメンバーの演技が良いです。深田恭子さんも格好良くて最高です。

30代 女性 の感想

和馬はLの一族を捕まえようとしているのに逆にLの一族に犯人まで捕まえてもらい、全て解決済みだったというオチにはとても笑ってしまいました。気を失っている間に警察官としての仕事が片付いてしまった事になります。警察よりもLの一族の方が行動も観察力も高かったので、突っ込み所が満載でした。華は和馬と別れようとしているのに、体がとっさに動いて助けてしまう所が切なかったです。

20代 女性 の感想

警察一家が泥棒一家に挨拶に来ていて家にいないことを願っていましたが変なことろから出てきて面白かったです。色々と感じ取っているところも面白かったです。挨拶に来て早々家の靴を見て捜査みたいなことをしていてそれは流石に嫌だなと思いました。ふた家族の仕事について言い合いみたいなことをしていてみたいて笑いが出てきました。野球の話になったら一気に意気投合していてなんだかほっこりしました。かずまさんのお母さんに職場にまで来られて別れて欲しいと言われていてそんなことまでしてくるのはみていてムカつきました。はなが必死で別れをしようと色々試しているところは健気だとおもいました。

20代 女性 の感想

今回は和馬の両親が華の家に来た時に、和馬の母親がすごく怪しんでいたのが印象的でした。いつか泥棒一家であることがバレるのではないかとヒヤヒヤしました。そして華が和馬の母親から、別れてほしいと言われたのがすごく切なかったです。本当のことを言えないもどかしさと、別れないといけない辛さが混ざって複雑だなと思いました。

20代 女性 の感想

冒頭の警察一家と泥棒一家のお互いの本当の立場を知らないのにも関わらずバチバチと対立してしまうのも感覚的に敵同士だと悟っているからなのか…かと思えば野球の話で盛り上がり良い雰囲気になり、まさかの華の父を和馬の父が気に入ったのは驚きました。円城寺が出て来るシーンはいつも笑ってしまいますが今回は急にカラオケ風になり吹き出しました。和馬との別れで悩む華の葛藤を表すシーンはやはり舞台を観ているようで凝ってるなと改めて思いました。アポ電強盗を追っていて忙しいはずの和馬でしたが仕事より華を選ぶほど華のことを想っていると分かったのに、おばあちゃんの一撃でまた白目を剥くことになりとても気の毒に思いました。今回も風変わりな道具を駆使し順調に潜入に成功し、ダルマさんが転んだ状態のシーンは可愛らしいなとほっこりしました。泥棒スイッチが入るとキャラが変わる華もとてもカッコよくて魅力的です。

30代 女性 の感想

今回も家族で楽しく見ました。華の家に、急に和馬のご両親が来たのでどうなることかとヒヤヒヤしながら見てましたが、父親同士が野球を通じて意気投合することが出来たのでホッとしました。しかし、まだ母親には認められていないので早く認めてもらえるといいなと思いました。今日はちょっとアクションシーンが少なめだったのが残念でした。

50代 男性 の感想

日常の人の騙し合いと社会問題になっているオレオレ詐欺やアポ電強盗を組み入れて現実に近づけているのはドラマとして面白味があると思います。ローテクやハイテクを駆使して犯罪者が目的のため警察を利用して犯罪者を裁くという不思議な感覚を覚えます。ドンドンと手の込んだシーンがあると次の3話以降に期待できるのではないでしょうか。

まとめ

ドラマ『ルパンの娘』2話の、

あらすじゲスト視聴された方の感想などについてまとめました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

2019年夏ドラマ(7月~9月) 関連記事一覧

 

 


-2019年夏ドラマ

error: Content is protected !!