2019年春ドラマ

『パーフェクトワールド』6話の感想やあらすじ!キャスト情報も


 

前話・5話では、樹がつぐみに別れを告げました。

このまま、二人は別の道を歩いていくんでしょうか?

幼馴染の是枝も、積極的につぐみにアプローチをし始めたので、

そちらも気になりますね!

 

『パーフェクトワールド』6話あらすじや、

視聴された方の感想キャスト情報についてまとめました。

スポンサードリンク

『パーフェクトワールド』6話のあらすじ

樹(松坂桃李さん)とデートを楽しんだ後、

急に別れ話を切り出されたつぐみ(山本美月さん)

一方的に振られて落ち込むつぐみが家に帰ると、

父親が倒れたことを妹のしおり(岡崎紗絵さん)から聞かされます。

幼馴染の是枝洋貴(瀬戸康史さん)が運転する車で、

急いで実家の長野に向かうつぐみたち。

父親の入院する病院に駆けつけると、

そこには元気な父親の姿がありました。

しかし元気そうに見えて、

実は狭心症で治療中の父親。

つぐみは樹と別れたことを父親に伝えます。

樹への気持ちを断ち切るため、

東京から実家の松本に帰ることを決めたつぐみ。

東京で暮らす是枝は、つぐみへ自分の想いを告げます。

そして『必ず振り向かせてみる』と宣言する是枝。

時間はあっという間にたち、つぐみは会社も辞めて実家に戻る準備をすすめ、

そしてとうとうつぐみが東京を出る日が来ました。

樹の会社の上司・渡辺(木村祐一さん)が、

樹につぐみが長野に戻ることを伝えます。

それを聞いて居ても立っても居られなくなった樹は、

急いでつぐみに会いに向かいました。

そして必死になりバス乗り場でつぐみを探す樹ですが、

結局間に合わず、つぐみとは会えませんでした。

落ち込む樹のもとに是枝がやって来て、

もうつぐみとは関わらないよう忠告します。

そしてつぐみとは二度と会わない約束をする是枝と樹。

家に帰った樹は何もかもが嫌になり、部屋の物に当たり散らします。

そこへ、ヘルパーの長沢葵(中村ゆりさん)があらわれ、

樹の様子が変なことを心配し声を掛けました。

樹からつぐみと別れたことを聞きホッとした葵は、

それまで樹に抱いていた想いを伝えます。

葵から告白され、『今まで気が付かなかった…』と謝る樹。

樹はつぐみへの気持ちを断ち切るためにも、

つぐみの携帯の連絡先を削除するのでした。

そして三か月後。

図書館にいたしおりは、

樹と同じ職場で働く渡辺晴人(松村北斗さん)と再会します。

運命の出会いだと信じる晴人に対し、

『違う』と言い切るしおり。

一方、松本でフリーのインテリアデザイナーとして働き出したつぐみに会いに、

毎週のように是枝が来てくれていました。

次の休みに東京であるミュージカルに誘われたつぐみは、

久しぶりに東京を訪れます。

ミュージカルを見終わり、

レストランで食事を楽しんだ後、

是枝からプロポーズされるつぐみ。

樹との別れた理由にまだ納得がいかず、

返事を返せないつぐみに是枝はキスをしました。

『樹のことをまだ忘れていなくても大丈夫だから』と言われ、

やさしい是枝の気持ちに応えようとつぐみは考えるようになります。

そして抱きしめ合うつぐみと是枝を偶然見てしまった樹。

ある日、つぐみは高校の友人から、

シェフの高木圭吾(山中崇さん)を紹介されます。

圭吾には入院中の妻・楓(紺野まひるさん)がいます。

車いす生活になる楓のために、

新しくバリアフリーの家を建てようとしていました。

しかし圭吾がある建築士に頼んだところ冷たく断れ、

それでつぐみにどうにかならないか相談したのでした。

断った建築士が樹だとわかり、つぐみは東京に向かうのでした。

『パーフェクトワールド』6話の感想

 50代 女性 の感想

先週に引き続き、今回もまた泣かされてしまいました。

50も半ばを過ぎたおばさんを、こんなにも虜にするドラマは久々です。

なんといっても樹とつぐみの、互いを思う気持ちがとてもピュアで心が清められます。

是枝君と結婚すれば、つぐみも幸せになれるだろうし、両親も安心するし、何もかも上手くいきそうだけど、

自分の気持ちには嘘はつけないですものね。

あと、晴人の存在感が凄く大きくて、魅力ある人物像になっているのも楽しみの一つです。

これからの展開から目が離せません。早く次回が見たいです。

 30代 女性 の感想

とてもせつなかったです。好きだけど相手を思って身を引く気持ちもとてもよくわかりました。

つぐみはヒロとなら幸せになれるかもしれないけれど、私はやっぱりつぐみと鮎川くんが結ばれてほしいと思います。

だけど、障害の合併症や便が出てなくて熱が下がらず、便をかき出すのとかはやっぱり好きな人には見られたくないというのは理解できました。

 20代 女性 の感想

今までつぐみの気持ちを一番に考えて手を出さなかったヒロが、

ついにつぐみにキスをしたシーンはとてもドキドキしたし嬉しかったです。

樹のことでまだモヤモヤしていても、それも全て含めてつぐみだから受け入れるなんてカッコよすぎました。

だけど、この現場を目撃してしまった樹の気持ちを考えると切なかったです。

本当はまだ思い合っているはずなのになと悲しいです。

 40代 男性 の感想

残念ながらつぐみと樹が分かれてしまい、どんな展開になるのかと心配していました。

まさか、つぐみと洋貴が急接近しキスまでするとは意外すぎました。

この展開は反則だと思います。

以前つぐみは洋貴のことを利用していると訴えていたので、こういう展開は考えられませんでした。

しかし、最後のシーンでつぐみは樹に会いに行く決意をしたので、洋貴が可哀想だと思いました。

 20代 女性 の感想

今回はつぐみが樹と別れて、実家へ帰っていたところが切なかったです。

そんな中で、つぐみに優しい是枝が印象的で真っ直ぐ自分の想いをつぐみに伝えて、キスをしたシーンはかっこよかったです。

思わずキュンとしました。そしてヘルパーの長沢が樹のことが好きと言ったところは、すごくインパクトがあってこれから気になるなと感じました。

 30代 女性 の感想

相手を大切に思うからこそ別れを決意した樹とつぐみ。

別れた後も大切な存在であることは変わらず、忘れられない二人の姿がとても切なかったです。

樹と別れることになったあの日、どうすればよかったのかと答えを探すつぐみが、圭吾と楓の姿に自分たちを重ね合わせ、あの日の答えに気づいたとき涙が溢れました。

主題歌の『まちがいさがし』がピッタリでした。

 30代 女性 の感想

自分がつぐみの負担になっていると感じ、つぐみの父が口にした言葉がきっかけでつぐみと別れる決心をした樹が、つぐみと最後のデートをするシーンがとても悲しかったです。

樹はこのデートで別れる覚悟をしているのでどこか表情がよくなく、

別れを告げられたつぐみもどうして別れなければならないのか泣いて訴えるシーンでは、

私もつぐみと同じ気持ちで一緒に泣いてしまいました。

また、つぐみが実家に帰ることを知った樹が、つぐみに会いに行くシーンでは、お互いがお互いのためを思い過ぎて、なかなか上手くいかない恋にもどかしさを感じました。

『パーフェクトワールド』6話のキャスト

  • 鮎川 樹 … 松坂桃李
  • 川奈 つぐみ … 山本 美月
  • 是枝 洋貴 … 瀬戸 康史
  • 長沢 葵 … 中村 ゆり

 

  • 渡辺 晴人 … 松村 北斗
  • 川奈 しおり … 岡崎 紗絵
  • 沢田一馬 … 池岡 亮介
  • 三村 … 高島 豪志
  • 渡辺 剛 … 木村 祐一
  • 雪村 美姫 … 水沢エレナ

 

  • 川奈 咲子 … 堀内 敬子
  • 東 美千代… とよた 真帆
  • 鮎川 文乃 …麻生 祐未
  • 川奈元久 … 松重 豊

キャストの詳しい情報についてはこちらをご覧ください。

『パーフェクトワールド』のキャストやあらすじ!原作との違いは?

まとめ

『パーフェクトワールド』6話あらすじや、

視聴された方の感想キャストについてまとめました。

樹と別れ、地元・松本で再出発をしたつぐみ。

是枝のやさしさや、積極的なアプローチがあっても、

やはり樹のことが忘れられていない感じですね。

次話では、樹と再会しそうですが、どうなるんでしょうか?

また、しおりと晴斗の恋模様も気になります!

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。


-2019年春ドラマ

error: Content is protected !!