映画

映画『となりの怪物くん』のロケ地はここ!富山や神戸で目撃情報も!


 

映画『となりの怪物くん

映画を見ていると、学校や公園などたくさんロケをされていますね。

そのロケ地がどこなのか気になったので調べてみました。

土屋太鳳さんや菅田将暉さんなど、今人気の俳優さんが多数出演されているだけあって、目撃情報もたくさん出ているようです。

スポンサードリンク

映画『となりの怪物くん』のロケ地は?

映画『となりの怪物くん』のロケ地は

  • 富山県富山市
  • 山梨県
  • 兵庫県神戸市
  • 埼玉県熊谷市

などで行われています。

撮影は、2017年5月下旬から2017年7月上旬に行われていたようです。

 

富山県のロケ地

富山県では、

  • 春や雫が通う松楊高校
  • 雫の実家の水谷家

などのロケが行われています。

約10日間行われ撮影終了後は、スタッフさんが『3年月川組の出欠を取ります』とクラスメイト全員の名前を呼び、監督からプレゼントが贈られるというサプライズがあったそうです。

松楊高校のロケ地『片山学園』

春や雫が通う松楊高校のロケが行われたのが

片山学園です。

中高一貫の私立寮制の学校で、豪奢でモダンな外観が特徴的です。
主に土日にロケを行われています。

 

環水公園

富岩運河の船溜まりを整備した公園で、かつてはゴミ捨て場となっていましたが、現在は遊歩道や休憩所が整備されていて、家族で散歩したり、デートコースとしても人気のスポットです。

また、”世界一美しいスタバ”があることでも有名な環水公園は、様々な映画のロケが行われています。

映画『ナラタージュ』や『アオハライド』のロケもここで行われています。

 

桃李小学校

 

View this post on Instagram

 

桃李小でとなりの怪物くん撮影しとる

舟見 朋夜さん(@moyotaro_)がシェアした投稿 -

  • 住所:〒939-0627 富山県下新川郡入善町椚山813
  • 地図:

 

 

山梨県のロケ地

映画『となりの怪物くん』のクランクイン場所だった山梨県。

映画の予告などでもよく見かける”芝生の上で、春が雫にまたがって威嚇するシーン”が、最初に撮影されたシーンなんだそうです。

笛吹川フルーツ公園

公園内には、桃・ユズ・ブルーベリーなどの果樹園や、

コンサートなどが行われるドーム、天然温泉『赤松の湯ぷくぷく』や、ドッグラン、景色を眺めながら入れる足湯、チャペルを併設したホテルなどがある公園です。

また、新日本三大夜景のひとつにも上げられていて、晴れた日には富士山を望むこともできます。

 

映画『となりの怪物くん』では、

  • ラジオ体操のシーン
  • ニワトリ”名古屋”のための小屋を作るシーン

などのロケが行われています。

 

 

兵庫県神戸市のロケ地

ビーナスブリッジ

雫が春をそっと抱き寄せる印象的なシーンのロケ地が神戸市のビーナスブリッジです。

この映画では、昼間のシーンでしたが、夜景もとても綺麗です。

映画『オオカミ少女と黒王子』のロケ地としても有名です。

  • 住所:〒650-0007 兵庫県神戸市中央区 神戸港地方字前山
  • 地図:

 

埼玉県熊谷市のロケ地

ミサワバッティングセンターのシーン 古着屋chum

普段は、古着屋として営業されている店舗でロケが行われました。

 

ショップ名:chum(チャム)

  • 住所:〒360-0044埼玉県熊谷市弥生2-62 ダイクラビル2F
  • ホームページ:http://chum-vintage.com/
  • 地図:

 

 

 

まとめ

映画『となりの怪物くん』のロケ地について調べてみました。

映画を見ながら聖地巡礼をするのも楽しそうですね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

【関連情報】

→映画『となりの怪物くん』のキャストやあらすじ情報はこちら

↓『となりの怪物くん』無料動画の視聴は、こちらからどうぞ↓
FODプレミアム

 


-映画

error: Content is protected !!