江口のりこ双子の姉との双子エピソードとは?占い師の母親の店はどこ? | 小話CLIP

女優

江口のりこ双子の姉との双子エピソードとは?占い師の母親の店はどこ?

2018/03/03


名脇役として人気の江口のりこさん

 

私の中では、
ドラマ『名も無き毒』の原田いずみ役を演じられていた
ちょっと怖い感じが一番印象に残っています。

ドラマ『海月姫』では、関西弁を話すインド人役 を演じられるということで、
どんな雰囲気の役を演じられるのか楽しみです!

 

役によって印象が全然違う江口のりこさんは、

あの独特の雰囲気は、やはり育った環境の影響が大きいのでは?

もしそうならば、ご家族もきっと個性豊かな方が多いのでは?と思い調べてみると、

 

母親占い師 をされているんだそうです!

その母親は、 どんなジャンルの占い師 なのか? どこで占いのお店 をされているのか?

などについて調べてみました!

 

また、とても兄弟が多く、 兄2人・双子の姉1人・妹1人の5人兄弟 の江口のりこさん。

双子の姉とは一卵性の双子 なので、見分けが付かないくらい似ているんだそうですが、

そのソックリな双子の姉が原因?で起きたエピソードについても調べてみました。

 

スポンサードリンク

プロフィール


生年月日:1980年4月28日
(2018年2月現在 37歳)
出身地:兵庫県姫路市夢前町
血液型:O型
身長:170cm
体重:49kg
特技:ピアノ・中距離走
所属事務所:ノックアウト

中学生の時に、テレビで放送されていた映画を見るうちに、ハマってしまい、

中学卒業後はアルバイトに明け暮れ、そのバイト代で神戸の映画館に通いまくったそうです。

 

そうしているうちに、おのずと”映画に出たい”という気持ちが強くなっていった江口のりこさん。

 

19歳の時に、憧れの俳優・岩松了さんが所属されていた『劇団東京乾電池』の研修生オーディションに合格され、

女優としての道を歩み始めます。残念ながら、研修生として入所された時には岩松了さんは、この劇団退所されていたそうです。

 

オーディションは、”審査員がみなめんどくさそうで適当な感じ”がしたそうですが、

逆にそこが良かったと話されています。

 

無事に事務所の入所式を迎えた江口のりこさんですが、

その時の所持金はなんと2万円のみだったんだそうです。しかも、住む家も決めておらず。。。

自己紹介で、『誰か泊めて』と言うと、同期の女の子が泊めてくれ、

たまたまその日が江口のりこさんの誕生日だと知ると、

ファミレスに行き、ケーキでお祝いしてくれたんだそうです。

 

その翌日には、住み込みの新聞配達のバイトを決めてこられたそうですが、

住むところも、仕事も決めずに地元から遠く離れた土地に行かれた、江口のりこさんの行動力はある意味スゴイですね!

江口のりこさんの出身校(中学・高校)はどこ?

出身中学や高校は公共されていませんが、

以前インタビューで

中学の時は、”ヒマでしかたなかった”

授業は、ほとんど聞いていなくて、毎日が退屈でしかなかった。

その後、高校に進学されてからは、アルバイトに明け暮れ、

バイト代で、神戸の映画館に通い、映画を見まくった。

と話されていたので、 地元の公立校に通われていた可能性が高い ようです。

 

元々、中学校を卒業後、すぐにでも働きに出たかった

という江口のりこさん。

一部のインタビューでは、”中学卒業後、すぐに働き始めた”とも言われていたので、

高校には、通われていなかった可能性もあります。

母親は占い師をしている!

学生時代は、結構自由奔放に過ごされていたような感じが強い、江口のりこさん。

それを許されていたご両親は、一体どんな方なのか気になり調べてみると、

 

父親は、事業をされていたそうですが、
江口のりこさんが10代の頃に亡くなられています。

 

江口のりこさんの 母親は占い師 をされているんだそうです。

その母親がこちらです。

 

江口街子さん

色白なところと目元が江口のりこさんと似ていますね。

占い師名は ”ルビーL”

使用占術は

  • 西洋占星術
  • タロット占い
  • カバラ数秘術
  • 数秘術
  • 姓名判断
  • 風水
  • 九星気学

をされています。

とてもよく当たる占いだそうで、口コミでも
とても評判のいい占い師さんです。

東京の”ルビータロットカフェ”で占いをされています。

 

住所:〒165-0024 東京都中野区松が丘1-22-1-102

最寄り駅は新井薬師前駅です。

 

お店のホームページは、こちらです。

 

江口のりこさんの母親が、占いを始められたのは、
50歳を過ぎてからなんだそうです!

それまで、タロットカードの存在すら知らなかったそうですが、
ネットやカルチャーセンターでタロット占いを学ばれ、
フリーマーケットや複合文化施設などで出店し、占い師としての経験を積まれます。

その後、55歳頃に拠点を東京に移されています。

50歳を超えてから、今まで全く知らなかったことに挑戦し、

会社まで立ち上げてしまうなんて、ものすごい行動力ですね!

その行動力は、江口のりこさんに受け継がれているんですね!

 

占い師と言えば、私生活が謎なイメージがありますが、

ブログで江口のりこさんの出演予定などを書かれています。

 

江口のりこさんの兄弟はどんな人?

江口のりこさんは

  • 兄2人
  • 一卵性の双子の姉

の5人兄弟なんだそうです。

 

双子の姉はポーランド

妹さんは、ロシアに住まわれているそうです。

お兄さん2人は、関東に住まわれていて、

お一人は代官山にお勤めのようです。

江口のりこさん兄弟にも、お母さんのものすごい行動力が受け継がれているようです。

 

お姉さんは、アメリカン人とご結婚され子供さんがおられるんですが、

江口のりこさんに、”結婚している”や”子供がいる”という噂が出ているのは、

この双子の姉と子供さんを見た方が勘違い されたのかもしれませんね。

 

そっくりすぎる双子の姉が原因?で起きたエピソードって?

 

一卵性の双子の姉は、本当にそっくりで、

以前、お姉さんが東京のオリジン弁当で働いていた時に、

江口のりこさんが仕事で関わっているプロデューサーが、お弁当を買いにこられ、

江口のりこさんご本人と勘違いし、『江口、おまえバイトしてるのか?』と声をかけたが

お姉さんは、プロデューサーを”不審者”だと思い無視されたんだそうです。

このことでプロデューサーからあいつ調子に乗っとる”と激怒されたことがあるんだそうです。

江口のりこさんは、”調子に乗ってるやつが”オリジン弁当”で働かないでしょ!”と思ったんだそうです。

 

 

しかし、5人兄妹のうち、

1人が女優で

2人が外国に住んでいて、

1人が東京の代官山でお仕事をされているって、

どんだけキャラの濃い兄弟やねん!って思いますね~。

 

まとめ

バイプレーヤーとして、人気の江口のりこさん。

50歳を超えてから占い師をされるという驚きの経歴を持つ母親譲りの行動力で、

女優として活躍され、今やテレビで見ない日はないといっても過言ではない人気ぶりで、

今後は、どんな役をされるのか楽しみです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ドラマ『海月姫』関連記事:
瀬戸康史『海月姫』の衣装(財布・バック・ネックレス)のブランドはどこ?








-女優
-

error: Content is protected !!